毛孔性苔癬になったらピーリングでケア

二の腕、太ももに、それにお尻などの柔らかい部分にざらざらしたできものはないですか?

 

それはもしかしたら、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)という皮膚の病気の一つかも知れません。

 

サメ肌ににたような肌質で、毛穴には古い角質が詰まってしまい、赤くなったり褐色になったりして、鳥肌のような小さいぶつぶつができ、ざらざらした肌になります。

 

毛孔性苔癬は欧米よりもアジアの女性に多い傾向がありますが、遺伝によってなるケースも多々あります。

 

年齢を重ねるたごとにだんだんと目立たなくなっていきますが、絶対に治療しなければいけないというものではありません。

 

ただ、ざらざらした肌質が嫌だからといって強くゴシゴシしてはダメですよ。

気になる場合はピーリングをしてみるのがおすすめです。

 

古い角質層をとってくれて、ざらざらした肌を改善してくれます。

 

もし、自分でピーリングをするのが怖かったり、できない場合は、皮膚科にいくのも一つの選択肢ですよ。

 

This entry was posted in 肌のケアとコスメ. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.