ふと疑問に思う、マグロやカツオはなぜ泳ぎ続けるの?

皆さんは水族館などでマグロやカツオが水槽内を泳ぎ回っている光景を見たことがないでしょうか?

実に不思議な光景ですよね?疑問に思う方も多いと思います。その他の魚はゆったりと泳いでいたり、時には木陰に隠れて体を休めている魚さえいるのになぜ?

結論から申しますと、マグロやカツオなどの回遊魚は常に泳ぎ続けなければ生きていけないのです。

その理由は、一般的な魚には備わっている浮力を得るための浮き袋がマグロやカツオにはないのです。

つまり泳がずに止まっていると沈んでしまい、死んでしまうのです。

その他の理由としては、体内により多くの酸素を取り入れる為に泳ぎ続けるという説も潜在します。

あれだけ大きな体ですから、全身の隅々まで酸素を送り続けるには常に泳ぎ回ってエラを動かし続けなければならないのでしょう。

This entry was posted in かたり. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.