アジア版IMFか?

中国が投資機構を設立して、アジアでのイニシアティブをとろうとしていることに対して、日本もどうやら対抗する措置を取ったようですね。

ASEAN諸国が中心となって設立することになる、金融機関はAMROと名付けられるようですが、このAMROが実際に始動することになれば、AIIBに対抗できる国際的な金融機関になるものと考えられます。

 

今アメリカでは、金利の利上げを進められていますが、この利上げが東南アジアにオ及ぼす影響はかなり強烈になるものと思われます。

 

アメリカの金融緩和によって流れ込んできたマネーが、利上げによって引き上げられていくからです。

 

資金が引き上げられてしまえば、当然経済的に困窮する国がでてきてしまいます。

 

経済活動の源泉が縮小するのですから。

 

そんな状態にもきっとこのAMROは役立ってくれることでしょう。

This entry was posted in かたり. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.