レーシックは危険というのは嘘?

レーシック手術は近視や老眼の人がその症状となっている角膜の手術ですが、今数年前に比べて異常な程にレーシック手術を受ける人が少なくなっているようです。

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6205640

保険の適用がなく、数十万円も必要な手術なので、そう簡単にできる人も少ないと思いますが、それ以上に多くの人はレーシック手術は危険なのではないか?と不安を感じているのが最も大きな原因といえそうです。

東京でレーシック手術をしている医院で集団感染が発生した事がありますが、それが原因で一般的にレーシックはやっぱり危ない、っていうイメージが広がったんだそうです。

 

では実際のところはどうか?

 

レーシック手術が安全か否かは、その手術をしている医院によって違いがあるんだそうです。

 

特に、先程のような角膜感染が生じるような衛生管理ができていないような医院は絶対にNG。

 

逆に、衛生面さえしっかりしていれば、レーシック手術は確立された治療であり、厚生労働省で認められた方法でしている限りは、安全性に問題はないようです。

This entry was posted in かたり. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.