若くして子供がいる女性を

先日まだ10代ではないかと思われる女性が子供を連れていました。おそらく、その女性の子供だと思うのですが、さらにその10代の母親をみたときに少しびっくりしてしまったんですね。

何にびっくりしてしまったかというと、それは私とまだそれほど年の差がない人だったんです。その母親は。

つまり、30代のまだ半ばぐらいなのですが、すでにおばあちゃんになっているっていうことなんですね。

少子化が進むなかで、子供がたくさんでいきることは良いことだと思うし、それに家族が増えることは幸せなことだと思いますが、あまりにも若すぎる年頃で子供を授かるとやっぱり少し心配してしまいますよね。

小さな子供が立派に成長してくれるといいのですが・・・。

 

This entry was posted in かたり. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.