大塚家具の問題は解決するのか

大塚家具が株主総会の委任状争奪戦を繰り広げているようですが、この親と子の問題は株主総会を通じて解決にすることになるのでしょうか?

以前から、この話が持ち上がってから各メディアでよく報道されていましたが、実際に他の株主は娘つまり子供の方を応援する方向で動いているようですね。

確かに創業者というのは、他の引き継いでいく経営者よりも多くの苦難を乗り切ってきたことだとは思いますが、その分自分に対しての自信が大きいために他の経営者に口を出してしまうことになるケースも珍しくありません。

おそらく、こうした事情も相まって紛争に発展してしまったと思うのですが、いずれは株主総会が終了した暁には仲直りして欲しいものですね。

This entry was posted in メディアの話題. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.