女性が働く環境を

今後の日本はますます労働力がなくなっていくことになりますが、労働力が減少していくことは生産力がへり、経済に活力が減退してしまうことにつながります。

そして経済が減退すれば、国際社会での発言力もよまわっていき、最終的には国力が弱くなる、ともいえるとも思います。

ここまではさすがに考えすぎかもしれないですが、今女性が働きやすい環境にしていこう、という働きかけの背景としては、こうした労働力不足をなんとかし補おうという考えがあるんですね。

女性は結婚すれば家庭に入る事もありますが、それでも仕事をまたしたいと考える人も多いです。そうした仕事をまたしたいと考える人を企業が取り込むことをできれば、大きな力となる事はまず間違いないでしょう。

ですが、やっぱりハードルというものが様々な面からありますが、これらのハードルをどれだけ取り払える事ができるかどうか、が問題ですね。

This entry was posted in お仕事. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.