時間の活用を上手するための方法

自分の時間の使い方を調べてみればいろいろなことがわかります。

よくある手順として知られているの紹介します。

 

まず、同じような仕事は一つにまとめる。同じ型の仕事は継続して行なったほうが、ずっと時間の節約になりますからね。

 

それと、主要な仕事の時間帯を変えてみること。ある仕事は午前から午後に回したり、あるいは逆に午後から午前にくりあげてやったほうが都合がよいことがある。

 

たとえば、仕事の打合せとか取引の話といった、相手を必要とする仕事は、一日のうちのなるべく早いうちにすませてしまったほうがよいし、アシスタントとの仕事の進行状況の検討などは、一日の終わりにやったほうがよい。

 

また、大きな仕事とかやっ かいな仕事は月曜か火曜の午前中にやるようにする。何かイレギュラーの自体が発生した場合に週末までに連絡を取りやすくなる。

 

同じような仕事を一つにまとめることは前述したように時間の節約にはなるが、同じ仕事があまり続くと飽きがくるから、目先を変えて、神経を休めることも必要かもしれない。

 

このようなばあいには、むずかしい仕事の合間に、肩のこらないやさしい仕事をはさむことである。

時間効率を意識した働き方⇒「当たり前を疑う。」1日6時間労働導入の狙い。 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

This entry was posted in お仕事. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.